事業紹介|カーギル社

HOME > フレグランスジャーナル掲載広告

フレグランスジャーナル掲載広告 最新号&バックナンバー
フレグランスジャーナル掲載広告 最新号&バックナンバー

  • 香粧品(化粧品・トイレタリー)科学研究開発専門誌 フレグランスジャーナルに掲載されている広告がPDFでご覧いただけます。
  • FRAGRANCE JOURNAL 2017/12,2018/1月号 掲載広告

フレグランスジャーナル掲載広告 最新号&バックナンバー
12月の掲載製品

・SPRINGTHESKIN

SPRINGTHESKINとはツルマンネングサから採取したエキスです。韓国では“保湿草”と呼ばれており、春野菜の中で最も名高いものの1つです。エストロゲン様作用と、皮膚のバリア機能を強化させることで、春の新鮮なエネルギーを肌に伝えます。

抗しわ効果

MMP-1 発現

Collagenase (MMP-1) mRNA は、SPRINGTHESKINの濃度依存的に増加しています。

皮膚バリア機能の強化

OCLN 発現促進
TGase-1 発現促進

Occludin(OCLN) mRNA とTransglutaminase (TGase-1) mRNAの発現は濃度依存的に増加しています。
*Occludin(OCLN):皮膚バリア結合の強化
*Transglutaminase(Tgase-1):皮膚バリアを強化する架橋型不溶性タンパク酵素

その他、SK bioland社製品はこちらのリストをご確認ください

化粧品リストダウンロード

フレグランスジャーナル掲載広告 最新号&バックナンバー
1月の掲載製品

・Red Pumpkin Extract

Red Pumpkin Extractは奥会津(福島県金山町)の特産物「赤かぼちゃ」から得られたエキスです。赤かぼちゃは一般的なかぼちゃよりも甘みが強く、奥会津で独自に育種されたかぼちゃです。抗酸化作用やブライトニング効果、抗しわ効果が得られます。

1.表示名称

製品名 主な成分表示名称 INCI名 中文INCI名
Red Pumpkin Extract セイヨウカボチャエキス Cucurbita Maxima Extract 笋瓜(CUCURBITA MAXIMA)果提取物
Red Pumpkin Seed Extract セイヨウカボチャ種子エキス(2016年5月取得) Cucurbita Maxima Seed Extract(2016年3月取得) -

2.抗酸化作用

過酸化水素によって細胞内活性酸素レベルが上がりますが、赤カボチャ種子エキスを加えることによって、細胞内活性酸素レベルが抑制されます。赤カボチャ種子エキスは酸化ストレスを抑制する効果が期待されます。

図1.活性酸素(ROS)生成抑制試験

3.ブライトニング効果

濃度依存的にメラニンの産生抑制効果があることから、赤カボチャ種子エキスにはブライトニング効果があることが期待されます。

図2.メラニン産生抑制試験

4.抗しわ効果

MMP-1のRNA発現が抑制され、Ⅰ型コラーゲンのRNA発現が増加するため、アンチエイジング効果が期待されます。

バックナンバー

製品に関するお問い合わせ・ご相談はこちら

本  社	TEL 06-6201-5131東京支店	TEL 03-3243-0771

お問い合わせ
東亜化成の強み お問合わせフレグランスジャーナル